外房!春のボードゲーム祭り!!にお邪魔してきました

皆さん、こんばんは! 毎度おなじみ、主催者の人柄が素晴らしいことで有名なモバラでテーブルゲームの一日ゲーム会に行ってきました。 会場はこんな田舎にこんな立派な施設が?!と誰しも思う長生村文化会館の視聴覚室です。 テーブル毎に「初心者のかた向けゲーム」とか「盛り上がるゲーム」とかテーマを設けていて、気遣いのできる主催者氏の人柄力がここでも炸裂しています。 実際、ご自身はあまりゲームをしている様子がなくて、自分が遊びたくてゲーム会を主催している自分にはとても真似ができません。脱帽です。 さて、どんなゲームを遊んだかといいますと、 ミューラ 補足。カードの出し方は1カードから5カードまであって、文中のフラッシュは正しくはフルハウスでした。 ロストシティ フレスコ 今回の敗因としては、人数が少なくなっているにも関わらず三人を市場に送り込み、見事に空振りに終わってしまったのが大きかったです。そこで弟子の慰安なりお金を稼いだりしておけば… アーボレータム トーレス ストーンエイジ サイコロ運が悪い僕だからこそ技術力を向上させれば良いようなものですが、自分からはめったに技術力を取りに行かないプレースタイルをどうにかしたほうが良いと思いました。 Pico2 さっき検索したら、ヤフオクで6000円くらいで落札された記録が出てきました。 カード13枚に6000円!ボードゲーマーのお財布の底は深くて広いと感心です。 持ち主の方が「トランプでも遊べるよ」と屈託なく仰っていたので自分も相方と遊んで見る気満々です。 クメル 勝手にしやがれを作ってる人のゲームですね。 独特のテイストがあってその点は余人に持って代えがたい方(達?)だと思います。 手番には 1.共通の場に出す 2.捨てる 3.共通の場から自分の場に一番最近出されたカードを引き取る 4.勝負する の4種類の選択肢があるのみ。 自分の場にあるカードと手札の数字の合計が共通の場にある数字を超えず、かつ近い方が勝つ。 3,4回やると感覚は掴めてくるので、慣れてきたら2,30回連続でプレーして勝数を競ったりしたいところです。 てな具合でした。 前回はゲームマーケットが近かったことも有り、多数持ち込まれた新らしいクソやらミソやらに突撃して痛い目にあったので、今回は同人ゲームやコミュニケーションゲームを極力避けたおかげで楽しい時間を過ごせました。誰と遊ぶかと何を遊ぶかは大事ですね。

2 thoughts on “外房!春のボードゲーム祭り!!にお邪魔してきました

  1. はぎぞう

    フライングキウイズがめちゃ回ってたね。
    私がトーレスやってる時に嫁さんと子供たちがずっと遊んでた。
    トーレス終わって更に家族で8連続プレイ。
    他の人も次々と交代で遊んでたみたいだし、これはくるりんパニック以来の中毒アクションゲームかも。

    1. asabodo Post author

      こんばんは!
      Flying Kiwisは回ってましたね~
      「盛り上がるゲームはこちら」に相応しい!
      僕も色んな人が遊んでるのを横目で見てました。
      惜しむらくは、おそらくくるりんパニック程は耐久性が無さそうなところでしょうか。オリジナル発射台作れば解決だけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA