cafe meepleに行ってきた

みなさん、こんばんは。 先日京都に行く機会がありましたので、夜ホテルを抜けだしてcafe meepleにお邪魔してきました。 遅くまでやってるからこそできること。ありがたいですね! ホテルからちょっと距離があったので、どうしようかな?と思う部分もあったのですが、その週末に一旦閉めて移転すると言う話を聴いたら矢も盾もたまらなくなってしまいました。
カフェ・ミープル外観

カフェ・ミープル外観

22時頃なのでお店の周りは静かなものです。 中に入ると、3卓でゲームが遊ばれていました。 カタン、(多分)Breaking Away、もうひとつは何だったかな?忘れちゃいました。 知り合いが来るまで、タピオカドリンクを飲みつつ、ボードゲーム棚をチェック。 有るわ有るわ、遊んでみたいけどなかなか手に入らないゲームの数々。 ドイツ年間ゲーム大賞受賞作を揃えてあると言う話だったような気がします。何と言う間違いのないチョイス! そんな充実のラインナップの中ですが、自分が遊んだのは
タイムボムプレイ風景

タイムボムプレイ風景

タイムボム。 全然知らないタイトルでしたが、ゲームマーケット秋の新作みたいですね。 よく遊ばれているそうで、カードの損耗具合からはとてもそうは見えませんでしたが(笑) カードの絵柄が80年代テイストで正直魅力レスなんですが、クイズいいセン行きまSHOW!とか、古臭い感じが流行ったりするんでしょうか? さて、どんなゲームかと言いますと、、、招待隠匿系です。 (ややうろ覚えですが)SWATの爆弾解体チームとテロリストに分かれて、SWATは爆弾の無効化を、テロリストは爆弾の爆発を目論みます。 カードは爆発、解除成功、SAFEの三種類があります。爆発を捲ってしまうとSWATの負け、解除成功をすべて捲るとSWATの勝ち、SAFEは捲っても大丈夫ですが、こればかり捲られると時間切れでSWATの負けになります。 カードは各プレイヤーの前に配られ、プレイヤーは「ここは爆発ないから切ってOKだよ」とか「ここは成功あるから切ってくれ!」とアピールし合います。で、ニッパーをもってるプレイヤーがそこから1枚捲って、爆発でなければ、捲られたプレイヤーがニッパーをもって次にどのカードを捲るか決めます。ここでのやりとりで誰が味方で誰か敵なのかを推測して、どこのカードを捲るのか頭を悩ませます。 僕は正体隠匿系のゲームって苦手でして、一緒に遊んだ方たちにとってはやり辛かったかも知れません。 嘘つくの苦手なんですよねー。 知り合いと話してる時間が長かったので、遊んだゲームはこれだけでした。 移転後は交通の便の良い所になるそうなので、ぜひまた行ってみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA